初級者必見! オブザベーションのやり方

初心者

みなさん壁を登る前にオブザべ(オブザベーション)していますか?

課題を効率よくクリアするために必要な技術の1つです

オブザベーションとは

壁を登る前に課題を確認し、

どのように体を動かせば完投(課題を登りきる)できるのかとシミュレーションすることです

オブザベーションをしっかり行うことで、登ってる途中で迷うことがなくなります

初心者やボルダリングを始めた方などで登りながら次のホールドを探したり、

フットホールドを間違えたりすることが多々あると思います

これは非常にもったいないです!!

ボルダリングは前腕屈筋保存ゲームと言われるほど、

いかに無駄な筋肉を使わず楽にスマートに課題を登るのが重要となってきます

オブザベーションをどのようにおこなうか

ボルダリングではさまざまな課題・ムーブ・ホールドがあり、登る前にオブザベーションを行います

スタートからゴールまでのホールドを確認し、

どんなムーブで登るのか頭の中でイメージを行います

ボルダリングの登る課題ごとにはテーマがあります

パワー系なのか、テクニック系なの、保持系なのか、ダイナミック系、ムーブ難解系、など。。。

セッター(課題を作った人)がどのような意図を持って作ったのか考え、

自分にとって最適解を探していく作業です

ボルダリングは体手足のながさや大きさ・柔軟性・出せるパワーや保持力によって同じ課題でも、

クライマーが変わればムーブが変わります

なので課題を作った人のムーブをわかってもそのムーブが出来なければ意味がありません

自分に合った最適解を見つけましょう!

セッター(課題を作った人)が設定した正解ムーブを導き出すのも重要です

正解ムーブが分かった上で自分ならそのムーブで完投可能か?

もっとエコで登れるムーブはないのか?

と考えていきましょう

オブザベーションが重要なことは分かりましたが、

はじめはどのうよにやればいいか分からないと思うので

オブザベーション方法をまとめてみました

これは実際自分が行なっている方法で、

大体のクライマーはこの方法でオブザベーションを行っています

1.スタートを確認する

スタートのホールド(石)を確認し、よく観察しましょう

スタートの位置、ホールドの形・向き・素材、スタートの条件などを確認します

セパレードスタートなのか?

足は決められているのか?←手足限or足自由

カンテはありなのか?

カンテを使って完登したのに、カンテなしの表記を見逃してたなんて悲しすぎますよね

ホールドの向きによって保持の仕方や体のポジショニングなどを推測しましょう

スタートを確認をして課題をトライするのとぶっつけでトライするのでは課題の完登率が違ってきます

もちろんスタートを確認をした方が課題は完登しやすくなります!

しっかり下見を行いましょう

2.ゴールを確認する

ゴールの位置、ホールドの形・向き・素材を確認します

また、スタートからゴールまでのラインを確認します

ゴールは確認することによって

ガバ目のゴールならある程度ダイナミックにとっても保持できるが、

保持しずらいホールドならスタティックに保持しなければ落ちてしまうと考えることが出来ます

また課題のラインを確認することで単純に直上ルートの課題なのか、

迂回をしながら上昇していく体力が必要な課題なのかなど確認できます

直上ルートなら短いため短時間で疲れる前に登る必要がありますし、

長めのルートならムーブを洗礼させ無駄な動きをせずに体力を使わない登り方が求められます

3.ホールドの数と向きを確認する

スタートからゴールまでにあるホールドの数・形・向き・素材を確認します

一つ前のルートを確認すると被りますが、短くパワーが必要な課題か、

長く持久力が必要な課題かと確認するとができます

あるあるなのが、小さいフットホールドに気づかないでトライしてしまうことです

自分もやってしまいがちです笑

ムーブの選択肢が少なくなったり、使わなくていいパワーや体力を消費してしまう原因になります

見落とさないよう注意しましょう

4.ムーブを選択する

スタートからゴールまでのムーブを決める

この4番目がオブザベーションの1番難しいところです

自分もムーブ解決力がなく苦手意識があります笑

右手→左手→右手と左右交互にに手を出すのか?

右手→右手→左手と片手を連続して出すのか?

フットホールドの足順はどう出すか?

数十通りから選択しなければなりません

5.頭の中で登ってみる

最後に頭の中でスタートからゴールまで登ってみましょう

その時の手順やムーブを細かく決めてイメージします

実際に手や体を動かしながら行うとイメージしやすいです

ボルダリングのワールドカップなどでもオブザベーションを手足体を使って行う選手も多いです

オブザベーションで正解を導き出すコツです

1)スタートのホールドは触ってOK

スタートのホールドは触ってもトライに入りません

スタート以外を登る前に触ってしまうと触った回数がトライ数となり、

フラッシュ(一回で登りきること)ではなくなります

実際に触ることで保持感がわかります

多方向からも触りましょう

保持感を確認することで、離陸したのに持ち感が悪くてスタート落ちしまうのを防ぐことに繋がります

これはトライ数を1回減らすことを意味します!

2)課題を多方面から見る

登る課題を決めたらマット外からスタートからゴールまでのホールドを確認すると思います

それだけでなくマットに上がって実際のスタートホールドから課題を見てみましょう

※マット上で課題を確認する際は周りが安全か確認してから行いましょう

思ったより一手目が遠そうだった、

想定ムーブでは登れなそうだった、

などマット外ではわからなかったことを気づくことがあります

これも気づくことで多くの選択肢のうちの1つが減ります

3)トライ&エラーを繰り返す

最初のうちはオブザベーションをやると全然イメージと違い歯が立たなかったり、

ムーブが解決出来なくてオブザベーションって意味あるの?って感じるときもあると思います

これは高グレードであればあるほど起こります

一つ一つの失敗が自分の経験値になり次に繋げられてきます

「このホールド間だと遠すぎてとどかないな」

「手足が悪いホールドだから保持をしっかりしてからスタティック(静的・ゆっくりと)に次の手を出さなければいけないな」

など、続けていくとオブザべの精度が上がっていきます

まとめ

オブザベーションのやり方を紹介しました

1~5までの手順を繰り返し行っていくとオブザベーションの時間が短くなり、

精度も高くなっていきます

ボルダリングのワールドカップなどでも登る時間とオブザベの時間分けて設けられています

これは、いかにオブザべが重要であることを示しています

オブザベーションをしっかり行うことでグレード更新が期待できます

オブザべ力を鍛えて限界突破していきましょう!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました